コラーゲンを取り入れていると、「太る」というイメージを持つ方もいらっしゃいます。

しかし、どうして「コラーゲンは太る」と言われてしまうのでしょうか?
「太る」と言われている理由や、太らない摂取法についてご紹介していきます。

太ると言われている原因は、コラーゲンのカロリーにあるとされています。

しかし、コラーゲンのカロリーが太る直接的な原因になるとは言えません。

コラーゲンには豚由来のコラーゲンと、魚由来のコラーゲンがあります。

豚と魚のコラーゲンとでは、豚の方が多く感じてしまう人もいるでしょう。
ですが、豚と魚どちらのコラーゲンであっても、太る、太りにくいはあまりありません。

比較してみると、どちらもさほどカロリーは変わらないんです。
ですが、サプリメントに配合されているコラーゲンは、コラーゲン以外の美容成分も含まれているため、全体のカロリーも上昇してしまいます。

また、コラーゲンドリンクにもカロリーの高いものがあります。
このため、コラーゲンのドリンクを飲んでいると、コラーゲンで太るかのように感じてしまうのです。

普通の食事に比べれば、それほどコラーゲン自体のカロリーは高くありません。
むしろ普通の食事よりも低カロリーで、コラーゲンは太るどころかダイエットにも効果的でしょう。

コラーゲンドリンクなどには、確かにカロリーの高いものがあります。

ドリンク類で50キロカロリーに近いカロリーの場合には、若芽や豆腐サラダの77カロリーのサラダに近いカロリーがあると認識しておくといいです。

普通の食事と比べれば、さほどカロリーは高くはありません。

ダイエット中は、栄養バランスが崩れてしまい、お肌のハリも失われやすくなり、筋肉も落ちてしまいます。

コラーゲンは、人間が生きる上で大切なのです。

急に体がしぼんでしまうのに、お肌がついていけなくなってしまい、たんぱく質が不足するからです。

コラーゲンを飲んだ時にお肌がパァっと張ってくる人もいますが、ダイエット中のハリのなさに立ち向かう力が、コラーゲンにはあります。
コラーゲンペプチドは、繊維芽細胞を刺激して、ヒアルロン酸やコラーゲンを生み出す働きをしてくれるでしょう。

また、コラーゲンは筋肉を作るのにも役立ちます。

ダイエット中は、他のたんぱく質と一緒にコラーゲンを取ることによって、お肌のハリや
筋肉の低下を防ぐことができます。

美肌促進のためにも、コラーゲンをしっかり摂取しておくといいでしょう。

コラーゲンの商品を使っていたからといって、太る原因にはなりません。

反対に、ダイエット中に失われがちなお肌のハリや筋肉を補う効果も高いでしょう。
ダイエット中は積極的にコラーゲンを摂取しておくといいです。

痩せる効果だけではなく、美肌力にもつながるため、大変効果的です。