コラーゲンと食べ物

コラーゲンを食べ物で摂取したいという方も多いかと思います。

でも、どんな食べ物にコラーゲンが含まれているのかご存知ですか?

そこで、コラーゲンが含まれている食べ物について調べてみました。

どのような食べ物があるのか、どういった食べ方をしたらいいのかなどを紹介していきます。

コラーゲンが含まれている食べ物(動物性食品編)

コラーゲンが含まれている食べ物と一言で言っても、実はいくつかに分けられるのです。

まずは、動物性食品の中で、コラーゲンが含まれている食べ物をみていきましょう。

・豚足
・豚バラ肉
・鶏の皮
・手羽先
・牛筋
・牛テール
・軟骨

上記の食べ物に、コラーゲンは多く含まれています。

牛筋や豚バラ肉は、よく食卓にも出てくるのではないでしょうか?

意外と身近にコラーゲンの含まれている食べ物はあるんですよ。

コラーゲンが含まれている食べ物(海洋性食品編)

もちろん、動物性食品にしかコラーゲンは含まれていないわけではありません。

お肉が苦手な方も、いらっしゃるかと思います。

肉類が苦手な方は、お魚などの海洋性食品からコラーゲンを摂取することができますよ。

・スッポン
・フカヒレ
・エイヒレ
・魚の皮
・うなぎ
・なまこ
・カレイ
・くらげ
・エビ

上記の海洋性食品に、コラーゲンが多く含まれています。

コラーゲンが含まれている食べ物(スイーツ編)

実は、スイーツにもコラーゲンは含まれています。

・ゼラチン
・プリン
・ゼリー
・杏仁豆腐
・マシュマロ

これらのスイーツにもコラーゲンは豊富に含まれています。

上記でご紹介しました、コラーゲンの含まれている食べ物ですが、共通点があるのがお分かりいただけますでしょうか?

ズバリ、カロリーが高いという点です。

例えば、豚バラ肉なんかは、よく食卓に出てくる食べ物ではあります。

ですが、豚バラ肉を毎日食べていると、コラーゲンは摂取できても、脂質も同時に摂り過ぎてしまいます。

ですので、カロリーには注意が必要です。
特にダイエットしている人は、気をつけてください。

おでんによく入っている牛筋なんかは、具自体が低カロリーのものも多いため、大根やコンニャクなどと一緒に食べるといいかと思います。

豚足などは居酒屋などで出てくるかと思いますが、やはり食べ過ぎには注意が必要です。

海洋性食品についても然りです。

スッポンやうなぎは高級ですので、滅多に食べる機会はないかもしれませんが、土用の丑の日などにはうなぎを食べるかと思います。
そういったときは、贅沢にうなぎを食べてコラーゲンを摂取しましょう。

それ以外のときは、くらげなどのサラダなんかを食べるといいかもしれません。

また、お魚の皮を食べないという方がいらっしゃるかと思います。
ですが、食べられる魚の皮もありますので、ぜひチャレンジしてみてください。

ただし、しっかり火が通っていることを確認してから食べるようにしましょうね。

最後に、スイーツについてです。
スイーツはもちろん食べ過ぎると糖質も過多になってしまいますので、食べる量は気をつけましょう。

コラーゲンを摂取できるからといって、食べ過ぎると太る原因にもなります。

あなたも「コラーゲンを取ると太る」ということを聞いたことがありませんか?

コラーゲンで太るのではなく、食べものによって太ってしまうのが正しいんです。

詳しくは【コラーゲンが「太る」と言われている理由とは?】を読んでください。

食べ物でコラーゲンは摂取できます。
ですが、食べ過ぎには注意してくださいね。