あなたは、コラーゲンの摂取の仕方をご存知でしょうか?
サプリメントで飲んでみたり、食材からとってみたりと様々な方法があるかと思います。

ですが、コラーゲンを食べたり飲んだりするのは「意味がない:といった噂もきいたことがありませんか?

そこで、本当にコラーゲンは食べたり飲んだりすることが意味ないことなのかを調べてみることにしました。

口から摂取するコラーゲンの働きとは?

コラーゲンを食べたり飲んだりしても意味ないと言われているのは、恐らく美容の観点からなのだと思われます。

コラーゲンは、そもそそも私たちの体内で生成されるものです。

しかし、年齢を重ねるとともにコラーゲンを生成する力や量が弱くなったり少なくなったりしてしまいます。
その結果、コラーゲンが減少していきます。

そのため、サプリメントや食事でコラーゲンを補う…という方法は間違いではないのです。

ただし、サプリメントや食事で補ったコラーゲンというのは、直接的にお肌に届くわけではありません。

コラーゲンというのは少々特殊な成分です。
口から体内へと入りこんだら、身体が吸収できるサイズに分解されてしまい、アミノ酸となって小腸から吸収されるようになります。

そして、コラーゲンを必要としている場所で、再びコラーゲンに生まれ変わるのです。

つまり、一旦アミノ酸になり、血液と一緒に身体をめぐり、そしてコラーゲンに生まれ変わるといったメカニズムになります。

ということは、サプリメントや食事で補ったコラーゲンは、直接コラーゲンを摂取しているというよりは、コラーゲンを作る素を体内に入れているといった方が正しいのです。

では、ダイレクトにお肌にコラーゲンを届けるためにはどうしたらいいのでしょうか?

コラーゲンをお肌に直接届けるために必要なこと

コラーゲンを食べたり飲んだりしても、身体がコラーゲンとして吸収してくれないのであれば、どうしたらいいのでしょうか。

実は、これはとても簡単な方法なのです。

コラーゲンには、いくつかの種類があります。

その中に、コラーゲンペプチドといった種類があります。

コラーゲンペプチドは、通常のコラーゲンよりも低分子なのです。
そのため、体内に入り込むとちゃんと吸収してくれます。

ということは、コラーゲンのサプリメントを飲むのではなく、コラーゲンペプチドの配合されているサプリメントを飲めばいいというわけです。

ただし、コラーゲンにも質というものがありますので、サプリメントを選ぶ際は慎重に選ぶようにしましょう。

特に海外製品であったりする場合、カプセルが日本人サイズでなかったり、ニオイがあったり、なにより体質に合わなかったりするため、国内生産されているものであるこ
とが絶対条件といえます。

現在は、さまざまなメーカーが国内生産をしているサプリメントがたくさん販売されています。
ですので、海外製品をわざわざ購入する方はいらっしゃらないかもしれませんが、ぜひ参考にしてみてください。

ただのコラーゲンではなく、コラーゲンペプチドというのがミソです。