年齢肌のもとは、コラーゲン不足が大きいです。
最近シワが増えてきた、ハリやツヤ感がなくなってきた…という人がいましたら、それはコラーゲンが急激に減ってしまったことも原因の一つになります。

コラーゲンの量が減ってくると、肌は老化してきてしまいます。

つややハリがなくなってしまうのも、コラーゲン不足が大きく影響しているといっても過言ではありません。
最近は、コラーゲンを内側から補うためにも、コラーゲンサプリメントが売られるようになっています。

しかし、サプリメントからではなく「食品からコラーゲンを補いたい!」といった人も多いでしょう。
そのような方におすすめしたいのが、マシュマロです。

マシュマロには、コラーゲンが豊富だという噂がありますが、それは本当なのでしょうか?

マシュマロの原材料をみてみると、たいてい
・砂糖
・卵白
・ゼラチン
と記載されています。

中には原材料に「コラーゲン」と書いたものもあります。

マシュマロに、コラーゲンが豊富と言われているのは、ゼラチンはコラーゲンが分解してできたものだからです。

要するに、マシュマロにコラーゲンが豊富なのは、ゼラチンのおかげでもあるのです。
マシュマロにはゼラチンが含まれているからこそ、コラーゲンがたっぷり摂取できるというわけですね。

コラーゲンは分子が大きいため、実は吸収が難しいと言われてしまう成分でもあります。

そのため、スキンケアアイテムでコラーゲンを含むものがあった時も、マイクロコラーゲンなどの分子化したものがよく使われます。
コラーゲンサプリメントも同じで、吸収しにくいため、お肌にはあまり影響がありません。

しかしながら、もしもゼラチンであれば、コラーゲンの元になる成分でもあります。
コラーゲンなら分子よりも小さいため、体内に吸収されやすいです。

しかしゼラチンは、コラーゲンのもとになる成分でもあります。

コラーゲンよりも分子が小さく、吸収されやすくなります。
コラーゲンを摂取するよりも、ゼラチンを摂取した方が効率よく美肌が作れるでしょう。

もしもマシュマロから、コラーゲンを摂り入れるのであれば、一日の摂取量としては10粒程度がおすすめです。

マシュマロの大きさにもよりますが、普通のサイズであれば、10粒程度で一日分のコラーゲンが摂取できるでしょう。

もしも、マシュマロのコラーゲンの吸収率を高めたいのであれば、ビタミンCと一緒にとるのがおすすめです。

ゼラチンをコラーゲンとして合成するには、ビタミンCも必要です。
ゼラチンと共にビタミンCを取り入れると、さらにコラーゲンの生成量も高くなります。

マシュマロからコラーゲンは、確かに摂取できます。
しかし、マシュマロには砂糖が使用されています。

摂取しすぎると太る原因にもなりますから、注意してくださいね。